日本ランチェスターの介護FC事業

高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み

弊社は創業者から後継者への事業継承のお手伝いをしております。


後継者が創業者の事業を自信を持って継承するには、創業者の目の黒い内に後継者に新規事業を立ち上げさせ、事業の生みの苦しみ等を経験させる必要があると思います。


創業者は後継者の新規事業には資金提供と経営アドバイスに徹するべきであり、いつまでも未熟者扱いでは真の後継者は育ちません。


急速に進む高齢者社会への国の対応は後継者に千載一遇のチャンスをもたらします。
弊社の介護事業のノウハウが後継者を成功に導きます。
後継者は、介護事業を成功させる事で経営者として自信がつき、本業も実力派社長として継承することができます。


高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み

法律 サービス付き高齢者向け住宅制度の創設
高齢者住まい法の改正法が成立、平成23年10月20日から施行

予算 高齢者等居住安定化推進事業(補助金)
補助金325億円予算化

融資 住宅支援機構の融資要件を緩和
家賃の前払い金等への金融機関の死亡時一括償還型融資

税制 税制の優遇が受けられます。
所得税、法人税の割増償却、固定資産税の減額、不動産取得税が軽減されます。
更に土地に高齢者向住宅を建設すると相続税の節約になります。

高齢者単身・夫婦世帯の増加(2010年から2020年までの10年間)

#

民泊

工業化住宅のご案内

説明会のお申込み

建設業と介護ビジネスの関係

高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み
「家族の手」について
開業までの流れ

日本ランチェスター株式会社

日本ランチェスター

会社概要へ

ページのトップへ