建設業と介護ビジネスの関係

建設業と介護ビジネスの関係

翔氏高齢化に伴う介護ビジネスは建設業者にとって
利益率の高いリフォーム事業の受注につながります。

建設業界は、少子高齢化の影響で建設需要が益々減りつつあります。
又、公共工事も競争が激しく、充分な利益が確保できません。
さらに、職人不足等難題は山積しております。
介護ビジネス業界は、急速な高齢化社会が進む日本で大きな市場であり、2020年頃には人口の25%が65才以上の高齢者だと言われ、介護ビジネスは、益々活況を呈し大きな市場になります。

介護事業の利用+リフォーム事業の利益

通所介護事業は、住宅リフォーム事業の拡大に寄与。

まったく新しい業種の介護業界に眼を向けると、急速な高齢化社会で大盛況、特別養護老人ホームは、数年待ちの大盛況です。
特別養護老人ホームの建設には莫大な費用がかかり、膨らむ介護費用等で新設の増加も望めません。国の介護事業の制作は、家庭で介護を行う住宅介護を推進しています。
住宅から機能訓練のために通う、通所介護施設(デイサービス)が今後益々脚光を浴びます。建設業者が経営する通所介護施設(デイサービス)に通う利用者は、住宅などのリフォームの有望な見込客です。デイサービスに毎日送迎してもらう高齢者と建設業者は信頼関係ができ、リフォーム事業の掘り起こしに大きく貢献します。このように建設業者が通所介護施設(デイサービス)を経営すると建設会社は介護事業の利益と本業の住宅リフォームの利益が可能になります。

リフォーム事業 + 介護事業

ロコトル

工業化住宅のご案内

説明会のお申込み

建設業と介護ビジネスの関係

高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み

「家族の手」について

開業までの流れ

日本ランチェスター株式会社

日本ランチェスター

会社概要へ

ページのトップへ