空室家賃保証制度のご案内

空室家賃保証制度のご案内

家賃保証を行う一般社団法人を設立して、会員の家賃保証を行います。

空室家賃保証は、一括借り上げではないので建築会社のリスクは一切ありません。

賃貸事業の命、家賃保証制度の重要性。

賃貸事業を行うオーナーは、特別な事情がない限り建築会社に家賃保証を求めます。

空室家賃保証制度を設けることでアパート事業は、業績の拡大が見込めます。

家賃保証は、平成18年保険業法改正で上場大手アパート専門会社の家賃保証事業が禁止され一般建築会社では、一括借り上げ保険業法のみで家賃保証を行っています。

  • 某大手民間賃貸住宅建築No、1は、これから一括借り上げの家賃保証を30年間行い、今後、業績が悪くなるでしょう。
  • 2番手の民間賃貸住宅建築大手は、5億円で家賃保証の保険会社を設立しました。
  • 上場企業は、建築2年目から家賃保証は訴訟リスクが大きくなっていきます。
  • 弊社は、永年培ったノウハウで一般社団法人を設立して家賃保証の建築会社のリスクをゼロにする事が可能です。
一般社団法人の家賃保証制度の7大メリット。

公共工事から民間工事に参入する為の必須条件が空室家賃保証です。

アパート建築を受注するには、オーナーの空室家賃保証は必須条件です。

  • 家賃保証を行う一般社団法人を設立すして、会員の家賃保証すを行います。
  • 建築会社には一切の家賃保証す(新築時を除く)の負担すはありません。
  • 一般社団法人の家賃保証すは、業界随一50年す間、上場企業も真似すができません。
  • 一般社団法人の設立はす定款作成、規約作り、契約書作成、運営等のノウハウすを提供致します。
  • 家賃保証すは、一括借り上げではないので建築会社のリスクすは一切ありません。
  • 大手すの建築会社の一括借り上げ家賃より、オーナー手取りすが多く大変有利です。
  • 中小す企業でも大手上場建築会社と互角に戦えます。
競合他社のアパート家賃保証の問題点。

賃貸事業を希望するアパートオーナーは、銀行ローン返済期間、35年間家賃保証を求めます。

サブリース(転貸)(家賃の保証率は70%~90%、掛け金は5%~10%です。)

1. 倒産リスク (全国で問題になっています。)
サブリースは、オーナーからアパートを一括借り上げ後、会社が他に転貸する契約です。建築会社等が倒産の場合、保証金の返還、家賃等がゼロになり被害が発生します。法的整理の時の家賃収入は会社の債権者に配当され、オーナーは非常に大きなリスクを負います。
2. 訴訟リスク (2年毎に家賃の減額をする場合。)
一括借り上げ後、2年間の空室状況を見ながら家賃を減額する場合。殆どのオーナーが騙されたと異議を唱え訴訟に発展する事もあります。
3. 受注困難リスク (2年目以降、35年間家賃保証制度の中身が暴かれる。)
一括借り上げ後 2年目家賃の減額があるとその地区でのアパートを受注することが困難になります。
家賃保証制度システム費用。

公共工事から民間工事に参入する為の必須条件がアパートの空室家賃保証です。

一括借り上げ制度、保険会社制度を凌駕する究極的な空室保証制度の確立、一般社団法人を設立します。

家賃保証制度は、アパート事業会社の営業戦略において根幹をなすほど非常に重要です。

基本加盟料:500万円、基本ロイヤルティ:毎月20万円。

  • アパート家賃保証制度の構築。
  • アパート家賃保証システムの一般社団法人の設立。
  • 一般社団法人の設立後の営業、運営方法のノウハウ提供。
  • 一般社団法人設立に関する印紙代、弁護士などへの精査業務費用。
  • 家賃保証のパンフレット制作、規約作成、契約書作成など。

家賃保証制度のみのご契約は、

基本ロイヤルティー毎月20万円(契約後、2カ月間15万円)
但し、工法契約と家賃保証制度契約の方は、基本ロイヤルティ毎月10万円(税別)

ロコトル

工業化住宅のご案内

説明会のお申込み

建設業と介護ビジネスの関係

高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み

「家族の手」について

開業までの流れ

日本ランチェスター株式会社

日本ランチェスター

会社概要へ

ページのトップへ