民泊ホテル経営受託システム

民泊ホテル みんてる(MINTEL)の需要

東京オリンピックを控え国内のホテル不足は深刻です。政府は民間の住宅を旅行者に提供する「民泊」をホテル不足の切り札として旅館業法を改正しています。
格安航空券(LCC)の就航で外国の観光客、国内観光客が非常に増えています。
アパート経営の基本は満室、高家賃の安定収入、しかし相続税対策で民間の賃貸需要を超えた新築アパートが建築されています。
新築、中古共空室が増えており、アパートオーナーの悩みの種です。
民泊ホテル経営受託システム」は、観光客向けの「民泊利用」によりホテル宿泊費より低価格で提供する事ができ、FC事業には高家賃設定が可能となり、高い収益が期待できます。
※「民泊ホテルみんてる(MINTEL)」は日本ランチェスター(株)商標申請中です。

新着情報一覧はこちら

2015-06-26

【インフォメーション】

工業化住宅の情報を更新しました!

2014-09-01

【インフォメーション】

WEBサイトの情報を更新しました!

2012-05-15

【インフォメーション】

介護事業に関する国の助成内容を修正しました。

2012-05-08

【インフォメーション】

社長のメッセージをアップしました

2012-04-04

【インフォメーション】

介護事業に関する国の助成内容をアップしました

民泊

工業化住宅のご案内

説明会のお申込み

建設業と介護ビジネスの関係

高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み
「家族の手」について
開業までの流れ

日本ランチェスター株式会社

日本ランチェスター

会社概要へ

ページのトップへ