家族の手について

「家族の手」は、ご両親の機能訓練と 優しい介護を実現いたします。

企業理念 介護が必要なご両親を家族の温かい手のように愛情を持って介護いたします。

要介護度別高齢者の推移

国の政策は、施設から在宅へ介護体制をシフトしております。
特別養護老人ホームは高額な初期投資が必要なので財政の削減で増設が難しくなっております。
特別養護老人ホームへの入所は2~3年待ちの状況です。

介護する家族の思い

総務省の人口推移によると、65歳以上の高齢者の人口は平成21年10月現在で2,901万人となっており、約5人に1人が高齢者という本格的な高齢化社会となっています。 また、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成19年年度末で約438万人となっており、年々増加傾向にあります。

家族の手「スパライオンズ」のコンセプト

「3時間スパライオンズ」は男性の要支援、要介護者がターゲット。

お風呂は食事、排泄とともに高齢者の生活の営みの中で欠かせない基本的な物である。
日本人は、お風呂大好きな国民性であるが介護認定の高齢者は、デイサービスの風呂は好きだけど長時間のデイサービスは嫌い、特に要介護認定の男性の多くは、家で不自由さを感じてもデイサービスに通わない方が多いものです。

お風呂には、5つの効果があります。
1, 清潔になり全身の皮膚の役割を蘇らせる。
お風呂で体を綺麗にする事は、生理的にも精神的にも良い影響がある。
さらに清潔にすることで綺麗な皮膚、毛髪を維持、感染予防や皮膚の損傷を防ぐ事ができる。
2, 血液循環、新陳代謝を活発にする。
毛細血管を拡張させ、血液の循環をよくして新陳代謝を促す「温熱効果」がある。
3, 精神的な鎮痛、筋肉の緊張や疼痛を和らげ気分転換になる。
心と体にリラクゼーション効果がある。生活にメリハリができ、気分転換になる。
4, 体の手や指、足のリハビリテーションになる。
浮力により手、指、足の動きがよくなり、水の抵抗で筋肉が鍛えられ、軽い運動と同じ効果がある。
5, 日本の四季のお風呂文化を楽しむ。
要介護で温泉旅行にも行けず、季節の節目を感じる生活の少ない高齢者には各地の季節の湯が最高のリラクゼーションである。
パチスロには認知症予防の効果があります。

パチンコには諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀氏は「認知症予防効果」がある脳科学者の見地からこう指摘する。遊びながら脳の活性化が期待でき、教授は認知症予防に最適だと力説する。
遊戯中の高齢者の脳内活動を測定したところ空間認知に関わる前頭葉が活性化している事が分かりました。
パチンコにも同様な機能があると考えられます。

1, 福祉用パチンコは車イスでもゲームを楽しめる。
ハンドルは、手首の負担が少なく、利用者は、強い光や音で全身がエキサイトします。
2, パチスロで認知症の予防が期待できる。
パチンコは演出や音楽で視覚・聴覚を、手を動かすことで間隔を使うことができる。
それらの刺激が脳に良いと考えられています。
利用者の声
元々パチンコが好きでよくパチンコ店に行っていましたが足を悪くしては通えなくなり、
外出するのもおっくうでした。
3時間デイサービスは、お風呂が入れて、パチスロが楽しめて毎日が楽しいです。

介護事業の3大メリット

1 在宅サービス利用増加 2015年には特養※は原則要介護3以上対象、
施設入居者向け補助預貯金1千万超の単身者対象外。
2 国からの報酬 収入は国から毎月1回の介護報酬が9割支払われるため、安定した収益が見込めます。
3 高齢者人口の拡大 高齢者人口は毎年拡大しており、今後も市場規模が拡大します。
H26.4介護保険受給者4800万人超え。

民泊

工業化住宅のご案内

説明会のお申込み

建設業と介護ビジネスの関係

高齢者の住まい促進に向けた国の取り組み
「家族の手」について
開業までの流れ

日本ランチェスター株式会社

日本ランチェスター

会社概要へ

ページのトップへ